東横堀川ING 2023秋

  • 東横堀川PJ
  • 2023.08.08
    • アクティビティ
    • ファミリー
    • 地域とつながる
    • 子ども
    • 季節を感じる
    • 官民連携のまちづくり
    • 東横堀川
    • 東横堀川ING
    • 社会実験

東横堀川ING 2023秋 開催!

東横堀川 INGって?

昨年2022年から、大阪で一番古い堀川 “東横堀川” ではじまった、
多様な主体の「○○したい」を、水面と水辺空間に集めていくことで、
新しい東横堀川のあり方を検討する“東横堀川ING”。

今年は、5月〜6月にかけて開催した“東横堀川ING春”に引き続き、
“東横堀川ING秋”も開催します!

普段は降りられない水上に浮かんだバシャバシャテラスや、
閉ざされている公園チャレンジパークを活用して
沿川のみなさんが多様なプログラムにチャレンジする10日間。

近隣の美味しい飲食店のポップアップを楽しめたり、
焚き火や子どもたちのプレーパーク、音楽や上映など、
昼も夜も楽しめるプログラムをお楽しみに!

10/1(日)はOpenMeeting!
東横堀川INGで分かったことや生まれたアイデアをみんなで話す交流会を行います。
水辺・水上の活用に興味のある方、お気軽にどうぞ!
▶︎申込みはこちら

水上を使えるチャンス!

期間中の平日、お昼でも夜でも、
水上に浮かぶバシャバシャテラスをフリーでレンタル!

水上で会議をしたり、橋の上を歩く人たちに向けてパフォーマンスしてみたり、
「水上でこんなことやってみたい!」にぜひチャレンジしてみてくださいね。

■貸出期間
 2023年9月25日(月)〜28日(木)
 12時〜20時までの間、1時間制

■利用料
 利用料は無料です。

■注意事項
・定員は10名まで。
・小学生以下は保護者の方の付き添いが必須です。
・ライフジャケットの着用が必須です。
・ゴミはお持ち帰りいただいています。
・過度な飲酒はお控えください。
・その他スタッフの指示に従っていただきます。

■利用申込
申込フォームはこちら
※お申し込みだけでは予約完了ではありません。
 内容などを確認後、事務局からの予約確定メールをお送りします。

開催概要

■日程
 2023年9月22日(金)~2023年10月1日(日)
 ※9月22日(金)はプレオープンのため夕方から

会場・住所
東横堀川(末吉橋 南東)

■アクセス
 大阪メトロ「松屋町駅」4番出口より徒歩3分
 大阪メトロ「松屋町」バス停 目の前

入場料・他料金
 入場無料(一部有料プログラムあり)

雨天時の対応
 小雨決行
 ※但し、雨で足元が悪い場合はバシャバシャテラスへの入場を制限します。

お問い合わせ
 水都大阪コンソーシアム発注業務受託者:ワイキューブラボ
  e-mailmail@y3-lab.co.jp
  tel06-7504-1846

■主催
東横堀川水辺プラットフォーム検討会
(東横堀川水辺再生協議会、大阪商工会議所、大阪市関係課、大阪市中央区役所、(一社)日本シティサップ協会、(一社)水辺ラボ)、
水都大阪コンソーシアム
(大阪商工会議所、(公社)関西経済連合会、(一社)関西経済同友会、大阪府、大阪市関係課、(公財)大阪観光局、大阪シティクルーズ推進協議会)、
大阪市建設局道路河川部河川課

■SNS
東横堀川ING instagram こちら

東横堀川ってどんなところ?

東横堀川の水面は高速道路に覆われ、水門に囲まれており、
約3kmにわたって穏やかな水面と空間が連なっています。

今はまだまだ活用されていませんが、
将来的には川沿いが公園・緑道になって歩けるようになる計画です。

これから、川とまちのつながりを取り戻し、
水と緑・まち・ひとがつながる界隈へ再編していく第一歩として、
2023年より本町橋ー農人橋間の護岸耐震改修工事や、
官民連携で東横堀川の将来を検討していく取り組みもスタートしています。

東横堀川のまちづくりに関するご相談や、使ってみたい!というご要望は、
ぜひこちらのご相談窓口まで。
件名に「東横堀川のまちづくりについて」と記載いただき、お気軽にご相談ください。

この記事を書いた人

一般社団法人 水辺ラボ

福 智菜美

気軽さと心地よさを目指すキオスク・企画担当。大阪・滋賀・沖縄・兵庫と水辺に近い場所へ移り住み、大学以降は全国各地の旅に勤しむ。その人にあった暮らしやすさを提案する住宅リフォーム勤務を経て、2017年に(株)ワイキューブ・ラボに参加。

プロジェクト一覧へ